読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総合車両所など

みなさまこんにちは。池元まさるです。
先週はこれからの白山市にとって大きな分岐点となる会合がありました。

茂木敏充自民党政務調査会長との意見交換会です。

f:id:ikemotomasaru:20170419110117j:image


このなかで、「白山市を魅力ある地域にしたい、また魅力を世界に発信したい」そのために、自民党内なプロジェクトチームの立ち上げを表明されました。

北陸新幹線白山駅の建設を目指して様々な交渉、取り組みをしてきましたが、先般建設見送りとなりました。しかし、その行動の一つの成果ともいえるように、白山総合車両所を活用した地域振興策の検討に入るということです。
地元側に具体的な構想を練るように要請をし、平成29年度観光庁予算で早速調査に入ることも明言されておりました。

石川県や白山市、周辺自治体、地元商工団体から、
「これから新たにできる道の駅との有機的な活用や、産業観光とのリンクをしてほしい」
「霊峰白山を目玉とした観光誘客とインバウンド政策の検討をお願いしたい」
「地元の若い人たちの意見を取り入れてほしい」
などの要望があげられました。
f:id:ikemotomasaru:20170419110207j:image
また週末には北陸新幹線(仮称)白山駅建設期成同盟会 第5回総会に参加しました。

f:id:ikemotomasaru:20170419110253j:image

事業報告や決算報告がなされ、予算の承認、解散についてなどの議案ありました。万事可決されました。白山駅建設見送りによる、実質の解散式でありましたが、来賓で来ていた国会議員の先生もこれからの白山総合車両所を核とした観光振興、地域振興にしっかりと取り組みたいといっておりました。

f:id:ikemotomasaru:20170419110542j:image

この2件の会合に至るまでには様々な方々の努力や、働きかけの結果であると思います。国が今まさにチャンスをくれた。いや地元がつかみ取ったといってよいでしょう。
鉄道の町や産業観光の町、自然と産業が共存する町、いろいろな未来が見えますが、何処に向かうのか?地元はどうしたいのか?未来の白山市のためにはどうあるべきなのか?をたくさんの皆様の話を聞かせて頂き、しっかりと考え意見を届けていきたいと思います。
時間が限られておりますが、確実に形になる事業、しっかりとみんなで関わっていきましょう。地元の未来の分岐点です。


白山市体育協会評議員会に来賓として出席してきました。
白山市の第2次総合計画「健康で笑顔溢れる元気都市白山」にはやはりスポーツの力は大きな役割を果たします。各競技代表の皆様や地区代表の皆様の力を借りて、スポーツ普及にしっかりと努めてまいりたいと思います。

日曜日には早朝、松任総合運動公園内で相木町グランドゴルフ大会に参加してまいりました。地元の方々と触れ合いながら楽しくプレーさせて頂きました。3歳の双子の娘を連れて行ったので、プレー中は皆様に大変ご迷惑おかけしました。子守して頂きながらのプレーとなりましたが、皆様ありがとうございました。
f:id:ikemotomasaru:20170419110646j:image

f:id:ikemotomasaru:20170419110657j:image
夕方には白山市連合壮年会総会がありました。
記念講演ではツエーゲン金沢で石川県出身唯一の選手であります、作田裕次選手が「夢の持ち方、かなえ方」というテーマでお話しいただき、壁に当たっても夢に向かってチャレンジする、谷にいる時が頑張りどころだということを、自らの経験談を交えてお話しいただきました。
f:id:ikemotomasaru:20170419110707j:image
今週は車両基地の話をどう進めていくかなど観光部長に聞いてみよう!!
公民館費の話や子供見守り隊についての相談も受けたのでひとつづつ解決、できるよう頑張っていきます!!